知っておく事で助かる|緑内障の恐怖と改善に向けて必要な行動

眼精疲労

不快感のある眼の病気

目

目の前に常にゴミが見えるような状態が続くという場合には、飛蚊症である可能性があります。治療を必要としない場合もありますが、場合によっては失明を招く恐れもありますので、早めに病院を受診するようにしましょう。

Read More...

目の病気を治す

花

緑内障とは、眼圧の上昇によって視神経が障害される病気です。視力の低下や視野の欠損などの症状が現れるでしょう。緑内障を予防するには、生活習慣の見直しを行うことが大切です。薬物療法、レーザー治療、手術によって治療することができるようになっています。

Read More...

見えにくくなったら

目の疲れ

急速に進んでいく高齢化社会の中で、白内障、緑内障といった目の病気も多くなってきています。特に緑内障は、治療を行わないと失明をしてしまう病気です。眼底検査などの定期的な検診を行うことが大切になってきます。

Read More...

視力を失う前に

看護師

進行性の目の病気です

私たちの生活において、視力はとても重要です。目が見えるという幸せをいつまでも感じるためにも、目は大切にして行く必要があります。特に、歳を重ねることでかかりやすくなる目の病気がありますから、注意が必要になってきます。歳を取ることでかかる可能性が高くなる目の病気として、白内障や緑内障がありますが、これらの病気はいずれも進行性の目の病気です。要するに、そのまま放置しておくことで、ドンドン悪化してしまい、自然治癒は望むことができない病気ということになります。白内障も緑内障も視力が低下して、最悪の場合視力を失うことも考えられる病気です。ですから、40歳を過ぎる頃から毎年少なくても1回は、眼科健診を受けることをおススメします。

目の病気の治療法

白内障や緑内障のように、加齢が深く関係している目の病気の治療法について解説します。まずは、白内障についてです。白内障とは、眼球のレンズの役目を果たす水晶体が白濁してしまう病気です。ですから、水晶体を人工のレンズで置き換える手術が必要になります。この手術を行うことで、白内障から来る障害を取り除くことができます。次に緑内障ですが、この病気は視野が狭くなり、やがて失明してしまう可能性がある恐ろしい病気です。眼球内部の圧力が増加することで、視神経が損傷を受けるために発症します。そして残念なことに、治療を行っても失われた視野を取り戻すことはできません。その代り、薬剤によって進行を止めることができますから、眼科健診を行い早期に発見して毎日投薬する必要があるのです。